STUDIO


studio Y では、ピラティス専用マシンを設置しています。

「ピラティス」というと、マットでのグループレッスンをイメージされる方も多いと思いますが、本来ピラティスメソッドは、マットとマシンを両方使用しながらのセッションを指します。
マットピラティスは「手軽」というメリットの反面、自分の身体を何のサポートもなく正しく動かすという点では、実はなかなか難しいものです。
ピラティスで使用するマシンは、一見、難しそうであり、筋力も必要見えますがなように見えますが、
サポートの要素も大変優れているため、どんな方にもお使いいただけます。
セッションでは、ご要望をお聞きしたり、様子を見させていただきながら、様々な使用法をミックスしてご提供致します。

ピラティス宝塚
マシン ピラティス 宝塚

リフォーマー

ピラティスで使用されるマシンのなかで、現在最もメジャーなものがリフォーマーです。「身体をリフォームする」という意味で、この名前が付けられています。キャリッジ(台の部分)が水平に動くことが特徴で、寝た姿勢で行うエクササイズでは、重力の影響を受けないので、関節に負担をかけずに、正しいアライメント(フォーム)で正しい身体の使い方を身に着けやすくなります。臥位(寝た姿勢)の他、座った姿勢や、膝立ち、立位など、様々な使い方で何通りものエクササイズが可能。マットピラティスでは出しにくい身体の使い方も。5本あるスプリングをエクササイズごと、お客様ごとに調整しますので、筋力アップはもちろんですが、体力に自信のない方も安心してご使用いただけます。


ピラティス 宝塚

トラピーズテーブル(キャデラック)

「ピラティスはリハビリが元になっている」ということをどこかで聞いたことがあるかもしれませんが、その所以は、ピラティス氏が第一次世界大戦中に負傷した兵士たちに独自のメソッドを提供していたことにあります。トラピーズテーブルは、ベッドからスプリングを取り出し、寝たままベッド上でトレーニングができるように考案されたものが元になっているといわれています。ただのベッドに見えますが、強度や長さの違うスプリングやバーを使用して、様々なエクササイズを行うことが出来ます。
通称キャデラックと呼ばれることもあります。
先のリフォーマーと違い、ベッド部分が動かないので、身体の安定をはかりながら、筋力UPやコントロール、柔軟性を出すワークが行えます。


ピラティス宝塚リフォーマー

ジャンプボード

リフォーマーに取り付けて使用するツールです。
仰向けに寝た状態で、このジャンプボードを蹴っていきます。
リフォーマーにはスプリングが付いているので、寝たままジャンプすることができます。
ジャンプ時の体幹の安定や、着地時の脚の使い方を身体に学習させることが出来るため、ダンサーやスポーツをされる方のコンディショニング、ケガ防止ケアにも適します。
このジャンプボード上で、様々なポジションに足を置きながらジャンプをしていきます。
活動量が多くなるので、緩やかな動きの多いピラティスの中での有酸素運動としてもおすすめです。


ピラティス宝塚スパインコレクター

スパインコレクター

「スパインコレクター」は「背骨を矯正する」という意味。
ピラティスは、背骨をいかにうまく使えるか、柔軟に保てるかをとても重視しているメソッドです。
その名の通り、このアーチ型が背骨の形状に沿うように作られており、柔軟性を高めるのに適したエクササイズを行うことができます。
ストレッチ要素の他、腹筋群をターゲットにした使い方や、股関節部の可動性向上を目指せるエクサイズも。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る